itsumo story

笑顔の写真を撮影したい、だけじゃない~七五三出張撮影~

今日は、久しぶりのitsumo storyラブラブラブ

3歳の女の子の七五三撮影当日の物語です。
 
自宅の着付け&ヘアメイクのシーンから参加させていただきましたラブレターラブラブ
 
 
朝ご飯に大好きなヨーグルトをパクリ。
でも、この時実は少し緊張気味だった、みーちゃん。
緊張をほぐすために、パパとママが冷蔵庫からヨーグルトを出してくれたのでした
 
 
少しだけ、嫌がる様子もありましたが、なんとか無事に着付けとヘアメイク完了!
ですが、恥ずかしがってしまい、ママから離れられなくなってしまう場面も・・・
すると、そこに第一救世主が現れましたカナヘイびっくり
 
 
みーちゃんと仲良しの猫のきんちゃんです。猫しっぽ猫からだ猫あたま音譜
この日は、なかなかリビングに姿を現してくれず私もしょんぼり(お前もか)していたのですが、なんと大好きなご主人でもあり大切な可愛い妹のようなみーちゃんのピンチをかき分けてくれたのか、姿を現してくれ、みーちゃんのまわりをくるり。
「にゃーーーーーーーん」と長い鳴き声で、みーちゃんに元気をくれましたドキドキ
 
 
きんちゃんに見送られ、神社に到着。
会話も少しずつしてくれるようになったものの、まだ少し緊張気味の様子サッあせる
 
 
待合室で、おみくじを引きました。
おみくじは、大好きなおじいちゃんとおばあちゃんがひかせてくれました恋の矢
少しずつ、みーちゃんに動きが出てきました。
 
 
パパが一生懸命に、みーちゃんの緊張をほぐしてくれました。
皆、この笑顔を待っていました。
 
 
ご祈祷が終わったら、すっかりリラックスモード!
沢山沢山、可愛い笑顔とおしゃべりを聞かせてくれました。
 
 
私が撮影を通して、いつも大切にしていること。
それは、「家族みんなが主役」。主役は、一人じゃないんです。
この日を迎えるまでの、家族の「想い」が、当日あふれている瞬間を感じるんです。
誰が欠けてても、この笑顔は生まれていません。
ご家族の皆様の「想い」が、この笑顔を生み出すんです。
 
笑顔の写真を1枚だけ残したいわけではないんです。
笑顔の写真だけが私は「いい写真」だとは、思わないんです。
私だけが、笑わせてシャッターを切る写真には残念ながら足りないんです。
 
 
その時、瞬間の空間や。家族の姿。
背景を感じさせてくれる写真には、家族全員がその時間に参加をしていることが
大切だと感じています。
だから、私も家族の一人として参加します。参加させていただくことをお願いしています。
 
何十年後に、見返したくなる写真には、その当時の想いが必ず映し出されている
写真なんじゃないかなと、本気で想っています。
 
みーちゃん、七五三、本当におめでとうございました。
 
みーちゃんの着付け&ヘアメイクはいつもお世話になっている広川さんふんわりリボン乙女のトキメキ
いつも、ありがとう!!!
ヘアメイク+写真屋 LOOK ME
 
———————————————————–
ご依頼内容:itsumo plan 七五三当日スナップ撮影
 
ご予約・お問い合わせは・・・photoletteritsumo@gmail.com
 
————————————————————
 
 
 

—–