医療を必要とするお子様の撮影について

出張タッチセラピー&写真撮影 【touch*photo】はじまります!

photo letter itsumo 

         × 

  空日和(からびな)

キラキラ一組でも多くのご家族様の物語に出会うためにキラキラ

タッチセラピー

   &

出張写真撮影

【touch*photo】 

はじまりますラブラブ

 
 
touch*photo 〜タッチフォト〜

伝えたい想いを「てのひら」と「1枚」にこめて・・・

心に触れる瞬間と感動を残しませんか?

 

対象者様:医療を必要としているお子様がいらっしゃるご家庭

障がいをお持ちのお子様がいらっしゃるご家庭

 

小児タッチセラピー&家族写真(40枚後日納品)

 

料金:25000円(税抜)

 

小児タッチセラピーとは??

発達障がいを含む障がいや医療を必要とする病状をお持ちのお子様を対象に行うタッチセラピーを小児タッチセラピーと言います。

 

お子様が感じている痛みを和らげたり、心身をリラックスさせることを目的に行いますが、施術する側もリラックス効果があるといわれ双方にメリットがあるとされています照れラブラブ

 

いちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちご

 

ご予約の流れ

① メールまたはHPのご予約フォームからご予約

(HPの予約フォームの際には「itsumo plan」にチェックを入れ、備考の部分に「タッチセラピー付きプラン希望」とご入力をお願い致します)

 

② 日程のご相談

 

③ ご予約日に私ta-na-とタッチセラピー担当のsatokoの二名がご指定の場所へお邪魔します

 

(あらかじめ私たちの情報が明確にあったほうがお子様が安心する場合は、私たちの顔写真と使用する機材の画像などをメールにてお送り致しますのでお申し付けください)

 

④ タッチセラピー時間:約30〜40分

タッチセラピーは、じっくりゆっくりレクチャー致しますのでご家族の方に実際にタッチをお願いしております。

 

家族写真撮影時間:約30〜40分

ご希望があれば自宅近所にある公園など少し環境を変えての撮影が気分転換にもなりますのでおすすめですクローバー虹音譜

(※施術・撮影時間はあくまで目安です。お子様のコンディションや体調に合わせて進めて行きますのでご安心ください)

 

⑤ 後日2週間前後で撮影致しましたお写真のデータをCDに焼いて発送致します

 

★ 施設または、病院などでtouch*photoイベントをお考えの方はご案内が異なりますのでメールにてお問い合わせ・ご相談をまずはお願い致します。

 

お問い合わせ・ご相談・ご予約は・・・

photoletteritsumo@gmail.comまでラブレター

 

いちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちご

 

touch*photo を始めるにあたって

 

いつもの場所だったり、思い入れのある場所だったり。

特別も勿論大好きですが(たまに行く温泉旅行とかね)私が「日常」の風景といつもの関係性を撮影したいと思ったきっかけは、本当に色々あります。

 

その中でも、この10年間、様々なご家族様の物語に触れながら漠然と感じたのは、こんな出会ったお客様からの言葉の数々でした。

 

「家族皆で写真を撮影したいのだけど、体の具合が良くない家族をなかなか連れ出せない。」

「車いすのまま撮影OKな写真館どこかご存知ないですか?」

 

考えてみれば、私自身の家族の全員の集合写真がない理由もそれに近い理由でした。

私のおばあちゃんは写真を撮る事も撮られる事も好きなのですが、なかなかスタジオへ行く為の移動距離や待ち時間などを考えたらなかなか、体調が優れないおばあちゃんを連れて行く勇気はありませんでした。(ので、今は去年から私がおばあちゃんの誕生日などに写真を自宅の庭などで撮影する事に決めました)

 

そんなこんなで、出張撮影をするなら、「出会いに行く」という最大のメリットを生かす事が出来るような撮影がしたい照れキラキラ

そう考えていました。

 

そう考えてはいましたが・・・

 

なかなか、家から出られず。

なかなか、病院からの退院が出来ず。

 

家族で写真撮影をする、という事が様々な理由で出来ずにいるご家族様の存在を確認しながらもただただ、これも漠然とこの約半年間決断しきれなかった私もいました。

 

私にあるのは、「撮影をした事がある」という経験はあるものの、決定的な正しい「知識」が不足している、そう感じていました。

 

知識が不足している状態で、ただ、自宅で撮影をして、ただ写真データを納品する。

 

そうなんです。

「ただ、撮影をする」という事に対しての後ろめたさを感じていました。

 

せっかくやるなら、家族皆が参加出来るような時間を提供したい。

せっかくやるなら、「これから」の生活がより活き活き出来るような何か特別な+aがある特別なプランとして提供したい。

 

と・・・どんどん自分の中での想いが膨らみすぎて実行出来ずにいました。今考えると、もしかしたら単純に「出来ない理由」を考えているだけだったのかなとも思いますが(笑)あせる

 

そんな時に、大船にある親子カフェ「ことろん」で同じくレッスン講師をしていたベビーマッサージ及びタッチセラピーを得意とする大野さと子先生と出会いましたラブラブラブ

 

どんな話でも、「うん、うん」と嬉しそうに楽しそうに、肯定的にお話を聞いてくれるさと子さんのお人柄に完全にノックアウトされた私。

 

思い切って、医療を必要としているお子様の撮影や、障がいをお持ちのお子様の撮影をしたいと考えている事を話してみた所・・・。

 

「それ、私も考えていたの!タッチセラピーしたいなあって!」

という事で、意気投合。

 

知識があり、技術もあり、何よりも温かいお人柄のさと子さんと共にタッチセラピー付きフォトプラン「touch*photo」を始めよう。

そう決めたのでしたキラキラ

 

タッチセラピーの威力を感じたのは、撮影中のお子様とご家族様の表情を見てからでした。

 

 

タッチセラピーは、言葉通り実際に触れ合うことで親子または家族のコミュニケーションを取りながら互いにリラックスし合い癒し効果を得る事が出来る事が最大の特徴です。

 

 

大好きなご家族様にマッサージをしてもらうお子様の表情は気持ち良くてうっとり、ウトウトしていたり、くすぐったくて思わず笑顔になったりという姿を見せてくれました。

 

そんな姿や表情を見て、マッサージをしているご家族様も嬉しそうで楽しそうです。

 

撮影後も、翌日から是非日常生活の空き時間にタッチセラピータイムを入れる事。

それは、家族の更なるコミュニケーションと信頼を生み出す時間の提案であると感じました。

 

 

そんな、親子共々、嬉しそうな楽しそうな姿を撮影しつつ、お子様の無理のないように家族写真を撮影させていただく事。

 

誰も1人ではない。

皆がその時間に参加する事。

 

記録写真ではなく、

心が繋がったその瞬間の「記憶写真」を撮影する事。

 

これならやれる。やりたい!そう強く互いに感じ、今回きちんと一組でも多くのご家族様に会いに行きたいとプランを作りました。

 

 

これから、このプランを通して一組でも多くのご家族様の「今」と「物語」に出会いに行けたらいいなあと思います。

 

 

どうぞ、よろしくお願いいたします!!

 

 

 

 

 

—–